Googleアドセンス狩り対策

Googleアドセンスはポリシーに厳しく、
違反した場合は、アカウント削除になり2度とアカウントの取得が不可能です。

特に広告の自己クリックなど、
不正な広告のクリックは、1発でアカウント停止になることがあります。

そのことを利用して、
悪意あるユーザがブログのアドセンス広告をクリックしまくり、
アカウント停止に追い込もうとする行為を「アドセンス狩り」と言います。

Googleはこのことを把握できるわけではないので、
事前に対策を打っておく必要があります。

アドセンス狩り対策方法について

クリック率のチェック

Googleアドセンスの「パフォーマンスレポート」を
毎日チェックするようにします。

クリック率を見て、異常な数値になっていないかを見ておきます。

だいたいクリック率は0.5%~1.0%ぐらいが平均と言われています。

これより大きく数値が上がった場合は要注意です。
記事によっては4%ぐらい行くこともあるのですが、
そこまでクリック率が上がった理由がわからなかったりしたら
事前にGoogleに知らせてください

そうすれば、アカウント停止にならずに済むことが多いと言われています。


実際にgoogleアドセンスのIDが削除され、
復活できなくなった人の話によると、
いくつか持ってるサイトのうち、コンテンツ不足のサイトに
googleアドセンスを貼りっぱなしにしていたそうです。

そうしたら、突然のアカウント削除だったようですが、
あとからみると警告メールも来ていたとのことでした。

もし警告に気づいて対処していたら助かっていたかもしれません。

ですので、必ず事前にgoogleに知らせること
googleからのメールは見落とさないこと

を常に意識してください。

後から気づいても遅いですから。

広告を許可するサイトを設定する

Googleアドセンスの広告コードというのは、
HTMLソースを見れば簡単に他人のアカウントIDがわかります。

このことを悪用され、自分のアカウントIDをコピーし
Googleアドセンスで禁止されているアダルト系のサイトに
設置させられたりする可能性もあります。

これを防ぐために、広告掲載を許可するサイトURLを指定することができます。
URLを指定しておけば、許可していないURLの広告は
無効になりますので設定しておきましょう。

Googleアドセンスのホームから「アカウント設定」を選択してください。

アクセスと認証で、「自分のアカウントで特定のサイトの広告表示のみを許可する」
にチェックを付けてください。

許可するサイトのドメインを入力します。
複数のドメインを許可する場合は改行して、1行ずつ入力します。

ドメインとは
http://example.com/
赤字の部分のことです。この場合はexample.comとなります。

googleadsense 広告表示許可

繰り返しになりますがGoogleアドセンスは一度アカウント削除になったら、
2度と復活できませんので、何か異常を少しでも感じたら
すぐGoogleに連絡をとるようにしてください。


無効なクリックの連絡はこちらから

LINEで送る
Pocket

メルマガ登録

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

noel

noelです。
ネットビジネスで副業として稼ぐためのブログです。
どうぞよろしくお願いします。

⇒プロフィールはこちら

メールマガジン

アフィリエイトは稼ぐポイントさえつかめれば 成功することができます!

有益な情報をお送りしていますので 気軽に登録してくださいね^^

メルマガ登録

お問い合わせ

ブログランキング

タグ

このページの先頭へ