Googleアナリティクスの検索キーワード「not provided」の意味と対処法

analytics-logo
Googleアナリティクスでは
ユーザーがどんなキーワードで、自分のサイトを
見に来てくれたのかがわかる機能があります。

しかし、このキーワードのほとんどが
「not provided」となってしまっているので
わからないという声をよく聞きます。

not providedの意味

not provided とは
情報が引き渡されたかった
ということになります。

つまり、ユーザーが入力したリファラー情報が
Googleアナリティクスでは、不明と判断されたわけです。

なぜこうなっているかというと
Googleは2012年3月に、Googleアカウントにログインしている
ユーザーの検索キーワードをSSL化したことから
始まっています。

SSLとはSecure Socket Layerの略で
暗号化することで、ユーザーの入力情報を
保護しているということになります。

その後も、ログインしていないユーザーでも
SSL化をするように推進しているようなので
今後は、ほぼ全てが見れなくなることにも
なるかもしれません。

SSL化はユーザーのプライベート情報を
守ることにつながりますから、
今後、これが緩くなるようなことは、あまり考えられません。

対処方法

ランディングページから推測する

Googleアナリティクスのランディングページから
どのキーワードで訪問したのかを、推測する方法です。

Googleアナリティクスのレポートを開きます。
「集客」⇒「キーワード」⇒「オーガニック検索」
と選択してください。
Googleアナリティクスレポート

セカンダリディメンションをクリックして
「集客」⇒「ランディングページ」を選択します。
Googleアナリティクス オーガニック検索

すると、キーワード毎にランディングページが
表示されるようになります。
Googleアナリティクス ランディングページ
ランディングページとは、訪問者が最初に
到達したページという意味ですので、
Googleから何らかのキーワード検索で、
そのページに来たということを意味します。

つまり、そのランディングページがどういう記事で
どういうキーワードを使っているかを見れば
だいたいの予測が立てられるということです。

ただし、予測内でしかないので、
お宝キーワードや新しいキーワードの発見ということは
できないことになります。

Googleウェブマスターツールを導入する

Googleウェブマスターツール導入方法はこちら

Googleウェブマスターツールを利用すると
サイト訪問時の大まかなキーワードが、わかるようになります。

サイトの確認時は
以下のようにGoogleアナリティクスのアカウントを利用すると
直ぐに確認ができます。
Googleウェブマスターツール サイトの確認

サイトのダッシュボードで
「検索クエリ」をクリックします。
Googleウェブマスターツール ダッシュボード

すると、検索キーワードが表示されます。
Googleウェブマスターツール 検索キーワード

サイト全体のキーワードなので、
Googleアナリティクスのように、ページ別のキーワードの
解析はできません。

このように、Googleウェブマスターツールと
併用することで、ある程度のキーワードを確認することが
できますので、参考にしてください。

LINEで送る
Pocket

メルマガ登録

あわせて読みたい関連記事

One Response to “Googleアナリティクスの検索キーワード「not provided」の意味と対処法”

  1. Googleアナリティクスの検索キーワード「not provided」の意味と対処法について

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

noel

noelです。
ネットビジネスで副業として稼ぐためのブログです。
どうぞよろしくお願いします。

⇒プロフィールはこちら

メールマガジン

アフィリエイトは稼ぐポイントさえつかめれば 成功することができます!

有益な情報をお送りしていますので 気軽に登録してくださいね^^

メルマガ登録

お問い合わせ

ブログランキング

タグ

このページの先頭へ