作成した記事が「検索エンジンにインデックスされているか」を確認する方法

自分が作成した記事を、検索エンジンに認識してもらうことを
インデックスといいます。


インデックスされなければ、誰からも自分の書いた記事を
検索することができないため、インターネット上に存在しないのと
同様の状態となってしまいます。

検索エンジンの仕組みを簡単に説明しますが、
Googleなどで検索をしたときに、Googleはそのキーワードをもとに
インターネット上をリアルタイムで探し出してきて、
検索結果を表示されているわけではありません。

Googleはまず、クローラーと呼ばれる
インターネット上の情報を収集するシステムによって
Googleのデータベースに登録されます。

これがインデックスされた状態となります。

つまり、Googleで検索をかけた時というのは、
その瞬間にネットから探してきているわけではなく、あらかじめ登録された
データベースから、結果を表示しているわけです。

なので、自分のサイトにクローラーに来てもらい
インデックスしてくれないと、検索結果には表示されることはありません。

そのため、インデックスしてもらうために、
ping送信をしてサイトの更新を知らせたり、
サイトマップを送信する
といった対策をします。

サイトマップの送信は
ウェブマスターツールに登録するとできるようになります。
登録方法はこちら

記事をいくつか更新していると、インデックスされやすい記事と
なかなかされない記事とがでてきます。

まずインデックスされたかを確認する必要がありますね。

yahooのサイトにアクセスします。
http://www.yahoo.co.jp/

検索キーワード入力欄に
「site:[確認したいURL]」
のように入力をします。

すると、インデックスされていれば、以下のように検索結果に表示されます。
インデックス確認

時間が経てばインデックスされるようになりますが
もしなかなかされない場合、既にインデックスされている記事から
リンクを送るようにするのが効果的です。

また、記事はできるだけ毎日更新するのが理想です。
更新頻度が高いと、それだけクローラーに頻繁に自分のサイトに
来てもうことができるため、インデックスが早くなると言われています。

LINEで送る
Pocket

メルマガ登録

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

noel

noelです。
ネットビジネスで副業として稼ぐためのブログです。
どうぞよろしくお願いします。

⇒プロフィールはこちら

メールマガジン

アフィリエイトは稼ぐポイントさえつかめれば 成功することができます!

有益な情報をお送りしていますので 気軽に登録してくださいね^^

メルマガ登録

お問い合わせ

ブログランキング

タグ

このページの先頭へ