ネットビジネスの種類について

ネットビジネス
インターネットを使って、ビジネスを行うことです、

飲食店や家電量販店なども、
ホームページを作って、集客や販売をしていることがほとんどですから
これらは、ネットビジネスを取り入れているということになります。

mac2

ネットビジネスには、大きく以下のようなモデルがあります。

せどり
輸入ビジネス
物販(ネットショップ・ドロップシッピング)
アフィリエイト
情報販売


せどり


せどりとは、BOOK OFF等で本やCD/DVDなどを仕入れ
ヤフオクやamazonなどで、転売して
その差額を利益とするものです。

差額が利益になるわけなので、
本やCD/DVDが、仕入れ値よりも高く売れそうなものを
目利きできる必要があります。

メリット


現在では、商品のバーコードから、そういった情報がわかる
ツールがあるため、商品について詳しくなくても参入できるようになりました。

仕入れが短期間で行えるため
即金性が高く、確実に利益を上げられるのがメリットと言えます。

デメリット


小売店を仕入れとして扱うため、同じ商品を何点も買ったり
カゴ一杯に大量の本やCDを買うのを、恥ずかしいと思う人には向かないことです。

店員にも不思議そうな目で見られるでしょう。

輸入ビジネス


せどりに近いビジネスモデルですが
海外から商品を仕入れるという点で違うのが、この輸入ビジネスになります。

ebayや海外のamazonから商品を仕入れ
日本のオークションなどで販売をします。

メリット

日本で高価な商品が、海外では安価で販売されているものが多く
うまく商品を選定できれば、その価格差で
大きく売り上げることができるのがメリットです。

デメリット


送料や関税、為替差益などを考慮せずに輸入すると、
赤字になるケースもあるため、ある程度の価格差がある商品でないと
扱えないところがあります。

物販(ネットショップ・ドロップシッピング)


ネットショップは、多くの人が使っているため
馴染みがあると思います。

インターネットのサイトから、商品をクリックで購入できたり
決済もクレジットカードで済ませることができます。

ドロップシッピングとは、自分が販売したい商品をドロップシッピング会社から選定し、自身の媒体で販売することです。

仕入れ値との差額が利益になります。

メリット


商品はドロップシッピングから発送されるため、
在庫を抱えるリスクがないことです。

アフィリエイト


アフィリエイトとは、
自分のブログやサイト、メルマガなどの媒体で商品の広告を貼り、
そこから商品が購入されたら、紹介手数料として報酬がもらえるというビジネスです。

インターネットでの広告代理店業のようなものです。

メリット


仕入れが必要なく、在庫も抱えないため、
初期コストがほぼかからず、ノーリスクで始められることがメリットです。

情報販売


情報販売とは、コンテンツビジネスともいわれ
・抜け毛を減らす方法
・1ヵ月で10kgやせる方法
・ネットビジネスで稼ぐ方法

などといった情報を
PDFや、音声、動画などのコンテンツとして販売することです。

メリット


情報販売は、デジタルコンテンツのため、
一度作ってしまえば簡単に量産できるという点で、
コストがかからないことがメリットです。

デメリット


参入したてで自分の媒体の知名度がない場合、広告費をかけなければ、
アフィリエイターが動かず、お客さんに商品を知ってもらえないため、
ちゃんとしたマーケティング戦略がなければ、売り上げるのは難しいです。

おすすめのネットビジネス


ネットビジネスの種類を紹介しましたが
その中で僕がオススメするビジネスモデルは
アフィリエイトになります。

在庫を抱えるリスク、広告費をかけるリスクなどが
他のビジネスモデルにはありますが、
アフィリエイトに関しては、ほぼノーリスクであることが大きいです。

さらに自分の媒体が育ってくれば、報酬も比例して伸びていくところが
アフィリエイトの魅力です。

このブログでは、アフィリエイトで報酬を得る方法を紹介しています。

続いてはネットビジネスの可能性についてです。

LINEで送る
Pocket

メルマガ登録

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

noel

noelです。
ネットビジネスで副業として稼ぐためのブログです。
どうぞよろしくお願いします。

⇒プロフィールはこちら

メールマガジン

アフィリエイトは稼ぐポイントさえつかめれば 成功することができます!

有益な情報をお送りしていますので 気軽に登録してくださいね^^

メルマガ登録

お問い合わせ

ブログランキング

タグ

このページの先頭へ