ブラック企業の定義と見分け方とは?経営会社社長の本音は?

noelです。


毎日残業続きで、自分の時間が全くない
給料が安く、働いても全く生活にゆとりがない
上からの嫌がらせ、いじめがある(労働環境が悪い)
休日出勤は当たり前
交通費、休出手当、残業代、ボーナスなし



などなど、会社での労働環境の悪化
待遇の悪化が問題になっています。


こういった
ブラック企業と言われる定義について
まとめてみました。

ブラック企業で働く人達

もともとは、ブラック企業というのは
違法行為を繰り返すような企業という意味で
使われていたようですね。

近年は、
厳しい労働条件を社員に課するという
意味に変わってきています。



ブラック企業とは
労働相談を行っている特定非営利活動法人(NPO法人)
POSSE(ぽっせ)」の定義によると、以下の3種類に分類されるとのことです。

  1. 使い捨て型
  2. 選別型
  3. 無秩序型

POSSEはラテン語で
力を持つという意味があります。

中央大学出身の今野晴貴が、労働実態を調査するべく
アンケートを行った活動などがきっかけになり、発足しました。


順番に説明します。


1.使い捨て型
長時間勤務など過酷な労働を課した末、辞めさせる。



2.選別型
大量に採用して成果をあげた者だけを残す



3.無秩序型
社内でパワハラやセクハラが常態化している


このどれかに該当していると思われるなら
もしかしたらブラック企業かもしれません。


この中の選別型も
ブラック企業に入るんだということを
初めて知りました、


まあ、優良ではないかもしれませんが
いわゆる問題になっているようなブラック企業とは
少し違うように思いますし、厳しい競争社会では
仕方ないのかなとも思います。



悲惨なのが
「使い捨て型」と「無秩序型」ですね。

ブラック企業の明確な定義はないにしても
「ブラック企業」という言葉がでてきたのは、

間違いなく
こういった企業の体制ではないでしょうか。


使い捨て型は
時間的な制限や、社員の健康を考えない長期労働による
サービス残業など。



今の景気低迷と言われている中で
利益をあげている大企業というのは、
残念ながら、このような労働環境の実態がありますね。



ブラック企業No1と言われている
「ワ○ミ」も社員の健康面を気にしない
超過酷労働を強いられた結果、

自殺してしまったのは、
働く人たちに強烈な印象をつけました。



僕も会社員時代は、残業するのが当たり前
定時時間で退社するなんて、ほぼありませんでしたし
帰れないような雰囲気が充満してました。


朝早く出社して、
時計が一周しても帰ることができない。


家に着くのは、日付が変わってから
なんてことも普通でしたし・・・



でも、不思議なことに
それでもしょうがないと、当時は思ってました。

あまり疑問に感じなかったんですよね。


不景気だから仕方がない
仕事があるだけまし
辞めたら再就職が大変・・・


自分だけじゃなく、周りの人たちも
みんな働いていましたし


仕事のしすぎで、疲れてくると
正常な脳の判断がつかなくなってきたり
麻痺してくると言えばいいんでしょうか。


あまり考えなくなってきます。


ある意味こういった考えなくさせる

というのも、経営者としての戦略によるもの
だということも事実あるようです。


ブラック企業社長の本音


以前の会社は、本当にやらなければいけない
仕事があり、やらなければ納期が遅れ、多大な
損失になるということがわかっていました。


しかし、中にはそういったことでもない
会社もあるようです。



先程も話した、
考えなくするということです。



それは、はじめから使い捨てにすることを
前提にして採用するもの。


「ブラック企業会社の社長の本音」
という記事を以前読みましたが

文句を言うような社員は最初から雇わない。
待遇や残業などに文句を言わず、黙々と作業を
してくれる人(使い勝手がいい社員)を採用


そして、無理な作業量を割り振って
疲弊させて、考えさせる事をしなくさせる。



そんなに仕事があるのかというと実はない。


いわゆる仕事をさせるための仕事で
拘束時間を長引かせて、プレッシャーを与えるという。



つまり社畜というやつです。



それでも、年齢が上がれば、給料を上げなければならないから
できるだけ3年~5年で止めて欲しい。
もちろん自発的に。



そのための、社員が定着しないための
徹底した環境づくりをしているのだそう。



というのがブラック企業の社長の本音です。



基本的に労基法を知らない経営者ですから
やはり、社員はそこに気づくべきです。


そうはいってもなかなか就職先はないし
ブラック企業以外って中小しかないかもしれない。

それか正社員を諦める。


でも、上記のような社長の本音があるとすれば
ブラック企業に務める時間というのが
どれだけ無駄なものであるかは、
明白ですよね。


ブラック企業の見抜き方


赤ちゃんの笑顔

入社する前には、ブラック企業でないということを
最低でも最初に調べておく必要があります。


そこを見ればいいのか
参考になる見抜き方があったので
掲載します。

  • 年中求人広告を出している。
  • 給与が仕事量に比して異常に安い、残業代がない。
  • 求人広告に提示されている給与に幅がありすぎる。
  • 年間の昇給(給与改定)回数、賞与回数がやたらと多い。
  • 募集資格が学歴不問、未経験者OK、フリーター歓迎。
  • 試用期間が異常に長い。
  • 仕事内容にノルマなし、一から教えますなど妙に甘い言葉を並べている。
  • 募集広告で夢とか熱意とかやる気とか、やたらと精神論を並べている。
  • 求人広告に社長と社員が和気あいあいと写ってる集合写真を載せている。
  • 社員紹介の写真になぜかやたらと美人の女性社員を使っている。
  • 入社前研修がない。
  • 社員の平均年齢がやたらと若い。
  • 求人への応募先や人事からのメールに担当者の名前を書いていない。
  • 良い言葉ばかり並べている。

引用元
http://www2.tbb.t-com.ne.jp/mitsuyoshi/newpage70.htm


求人を見てると、このような広告って
よく見ますよね。


絶対ブラック企業ってわけではないと
思いますが、その可能性を考えておかないと
人生の大切な時間を無駄にしてしまいます。



何のために仕事をするのか?


結局人は、お金を稼がないと
生きていけませんし、大切なものも守れません。

綺麗事抜きにして、お金は大切なもので
あったほうが絶対にいいわけです。



だから人は何らかの仕事をしなければいけません。

それが例え、どんなに過酷なもので
理不尽なものであっても


昔から、親や先生には

企業に就職しなさい
辛くても、我慢しなさい。
目の前の仕事が自分のやるべき仕事
会社に所属していて、やっと社会人として認められる



それが大人になるということ。



このように言われてきました。


でも本当にそうなのでしょうか。

人は仕事をするために生まれてきたわけではなく
生きるために、幸せになることを
望んでいるはずです。


そのためには


  • 時間的自由
  • 経済的自由
  • 精神的自由


を手に入れる必要があります。

自由になった男

ネットビジネスには、その可能性があると
本気で伝えたいのです。


少し前の時代では、個人は企業に就職するしか
なかったかもしれません。

リアル事業を起こすには、軍資金が
どうしても必要だからです。


まず就職して、お金を貯めて
それから、本当に好きなことをやろう
と思っていた人は多いと思います。


しかし、会社務めしているうちに
給与は低い、時間がないという現実にぶち当たり
いつの間にか、そんな夢も忘れてしまいます。



インターネットが普及した今では、
自分のメディアを持ち、個人で稼ぐことが
できるようになりました。



おそらく、あなたはネットビジネスは胡散臭いと思っている
かもしれません。

僕も最初はそう思っていましたが
ネットビジネスは、リアルで喫茶店を開業するといったことと
全く変わりません。


ただ、ネットを使っているというだけです。

ネットで集客し
サイトの記事がコーヒーなどのサービス

であるだけのことなのです。


ビジネスの本質は何も変わらず
シンプルなものでした。


そして、今後はさらにネットビジネスの市場は
拡大していくと思います。


飽和するどころか、まだまだ需要に追いついていません。


ネットビジネスは胡散臭くない
ネット社会になくてはならないビジネス

と周りが認めだしてからでは、正直遅いです。


批判があるときこそ、チャンスであり
今後の潮流に乗ることができます。



もし、現状に満足していない
今の自分を変えたいと思うなら
どうすればいいのか

このサイトを参考にして頂ければと思います。

LINEで送る
Pocket

メルマガ登録

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

noel

noelです。
ネットビジネスで副業として稼ぐためのブログです。
どうぞよろしくお願いします。

⇒プロフィールはこちら

メールマガジン

アフィリエイトは稼ぐポイントさえつかめれば 成功することができます!

有益な情報をお送りしていますので 気軽に登録してくださいね^^

メルマガ登録

お問い合わせ

ブログランキング

タグ

このページの先頭へ