アフィリエイト広告の種類

アフィリエイトは広告主と購入者を仲介する役割をしますが、
報酬の発生パターンにはいくつか種類があります。

商品購入といった最終成果が発生しなくても
報酬が発生する広告タイプなど、大きくわけて3つあります。


・インプレッション課金型
・クリック保証型
・成果報酬型


一つずつ説明していきます。

インプレッション課金型


サイトに広告を貼っておくだけで
表示回数に応じて報酬が発生するものです

どちらかというと広告をクリックしてもらうことよりも、
広告表示を見てもらうことで、プロモーションを行う目的が強いです。

ただし、単価が低いため大手ポータルサイトのように
アクセスの多いサイトでは、インプレッション課金型を利用している場合が
多いと言われています。

このようなポータルサイトには、
毎日たくさんの人が、継続的に訪問するという特長があるため、
バナー広告が効果的なことから広く採用されているということです。

そのような理由からインプレッション課金型は、
個人で活動するアフィリエイターには、ほとんど利用されていないようですね。

クリック保証型


サイトの広告がクリックされた回数で報酬が発生するものです

インプレッション課金型より費用対効果が明快で
、個人サイトの広告で利用されていることが多いのが特徴です。

しかし、
広告バナーのデザインが悪かったりすることで
クリックされそうにない場合でも、そのリスクはサイト運営者が
請け負わなければなりません。

クリック保証型で最も有名なのが、Googleアドセンスです。
Googleアドセンス広告は、サイトや訪問者情報によって適切な広告を表示し、
広告内容によっても広告単価が変わります。

単価はだいたい数十円程で、
金融系のものになると100円を超えるものもあります。

クリック保証ですので、広告の商品が売れなくても報酬になるため、
アクセス数が集まるサイトであれば、有効なアフィリエイトと言えます。

成果報酬型


サイトに設置してある広告を経由して、
商品購入や資料請求などの最終成果の発生によって報酬が発生するものです

そのため、
広告主からすれば、広告掲載に対する費用はかからないため
無駄な経費を省くことができるのがメリットと言えます。

単価は幅広く、1件あたり数千円から数万円までの成果報酬を
受け取ることができます。

アフィリエイトで大きく稼いている人は
この成果報酬型を採用している場合がほとんどです。

どの広告タイプがいいか


インプレッション課金型については前述したとおり
大手ポータルサイト等が向いていますので、個人のアフィリエイターの場合は
クリック保証型か成果報酬型の人気があります。

最初はGoogleアドセンスを使用した
「クリック保証型」を実践し、その後「成果報酬型」を
組み合わせるパターンが多いです。

以上がアフィリエイトの種類についての説明になります。

LINEで送る
Pocket

メルマガ登録

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

noel

noelです。
ネットビジネスで副業として稼ぐためのブログです。
どうぞよろしくお願いします。

⇒プロフィールはこちら

メールマガジン

アフィリエイトは稼ぐポイントさえつかめれば 成功することができます!

有益な情報をお送りしていますので 気軽に登録してくださいね^^

メルマガ登録

お問い合わせ

ブログランキング

タグ

このページの先頭へ